ポルノ依存・ポルノ中毒の原因と克服方法とは?オナ禁モテ効果とナンパ成功・地蔵克服・ビジネス加速の関係に至るまで研究!

お金稼ぎと筋トレの優先順位はどっち?

筋トレ

 

お金稼ぎと筋トレの優先順位はどっち?

 

ご訪問ありがとうございます。
田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。

 

「本来の自分」は上手く
確立されていってるでしょうか?

 

本来の自分を取り戻すことが
本コンテンツの大きな目的です。

 

 

 

今後はあまり「脱ポル」という単語を
使わない方向に移行していきます。

 

「本来のあなた」は
このような単語を使っている次元よりも
もっと高い次元にいるはずだからです。

 

脱ポル
→ 本来の自分

 

ネトポル中毒
→ スマホ依存状態、各種依存状態

 

といった具合に
マイルドな表現に変えていこうと
日々思っている次第です。

 

セルフイメージを
上げていくのが大事ですので。

 

 

 

私が今後
スマホ依存状態なる単語を使ったときは

 

「あぁ、ネトポル中毒のことも
含めて言ってるのね」

 

という風に解釈してください。

 

全ては繋がっていますので
類似するものに置き換えて捉える
という思考回路も強い武器になります。

 

例えば、過去のメルマガでよく
依存症克服とダイエットやスポーツを
対比させて書いたことがありました。

 

身近な何かと比較して
共通点を捉えていく
という考え方は理解を深めてくれます。

 

真新しいこと、掴みどころの無いこと
今後挑戦していく際には
効果の出る考え方です。

 

 

 

さて、私の近況ですが

 

1〜2年前に個人事業に破れて
一時的に撤退してから

 

そのときに膨らんだ借金を
絶対に返済してやると誓ってから

 

やり方も分からず
副業に捻出する時間も無く

 

これ以上借りられない
という絶体絶命の状況に陥りかけ

 

そこから起死回生で
自分の能力を活かす在宅ワークと出会い

 

同じく起死回生の
本業の転職での収入安定と合わせて

 

毎月赤字状態から
キャッシュフローを黒字化
していくことに至りました。

 

大幅な黒字化で
借金返済も加速して進んでおり

 

そのうち副業しなくても
本業の収入だけで
黒字になりそうです。

 

 

 

つまり、お金が溜まってきて、
毎月のお金に余裕が出てきた
ということで、

 

再び筋トレ生活に
移行しようとしています。

 

2年前ぐらいまでは
ひたすらウェイトトレーニングを
しており、

 

体重がたちまちのうちに
5kgは上昇し、

 

太モモがパンパンになって
ズボンが履けなくなってきました。

 

そこから金銭的危機に陥り、
ジムを退会しました。

 

筋肉はたちまちのうちに
シュルーっと縮んでいき

 

余裕を持って
ズボンを履けるようになるという
少々残念な事態になりました。

 

 

 

何が言いたいのかと言いますと、

 

「筋肉量はお金で決まる」
という側面があるということです。

 

なぜなら、毎月の生活費すら
赤字で危機状態に陥ってしまったら、

 

ジムにお金をかけている
場合ではありませんので、
退会することになります。

 

ジムじゃなくても
自宅や公園でタダで筋トレできるだろ
と思っていましたが、

 

そんなことに考慮している場合ではなく
一刻も早く、臨時収入を得る方法を調べて

 

時間のある限り、
収入を得るために行動することが
最優先でした。

 

筋トレのことなんか
考えている心の余裕はありませんでした。

 

脅威を覚えるほどに
経済的にピンチになると人間、

 

ただ1点、お金を稼ぐためだけの行動に
集中して過ごすようになるものだと

 

我が身を持って思い知りました。

 

それこそ、本業の仕事が終わってから
深夜にかけて在宅ワークの日々が続き、

 

睡眠時間が常時
4時間半とか3時間とか、

 

それでも健康状態よりも
生活費の方が大事なので

 

ただ無心に作業を続けました。

 

気が付いたら副業に慣れていき
本業も副業も収入が伴ってきました。

 

 

 

この脱獄と言いますか、
抜け穴の先に光があるかどうか
分からない状況で、

 

それでも自分を信じて
ひたすら前進していくという

 

映画「ショーシャンクの空」
のようなマインドセットで
副業生活を乗り切って、

 

ようやく光が前方に見えてきて
踊り場にたどり着いた感覚です。

 

勝負はこれからなのですが、
勝負以前の問題でした。

 

本来の自分を取り戻すために
必要なのは

 

新たな力を得ることよりも
マイナスを取り除くことでした。

 

借金問題然り、

 

各種依存状態然り、

 

ノウハウコレクター状態然り、

 

人間関係依存状態然り、

 

真の意味であなたの
足を引っ張っているものが
一体何なのか、

 

今一度、冷静に分析してみてください。

 

思わぬところに答えがある
ということが往々にしてあります。

 

抽象度の高いところに
答えがあったりしますので

 

習慣とか行動レベルの
目に見える領域だけでは無く、

 

思考や価値感といった
内面レベルの領域も分析してください。

 

 

 

私は勝手に
「○○○○○シート」(メルマガでは公開)
と名付けていますが、

 

こういったツールも
必要に応じて提供しますので
興味があればご連絡ください。

 

依存状態から脱出するため、
本来の自分を取り戻すため、

 

どういった意思決定をして
どういった活動を取り入れていってるか

 

その判断基準やプロセスについて
お伝えすることができます。

 

徹底的に合理的に決めることを
オススメします。

 

感情レベルで決めたことは
いずれ論理的に破綻していることが分かり、
継続が困難になることがあります。

 

徹底的に合理的に意思決定して
手戻りが無いよう努めるべきです。

 

 

 

お金と筋トレの優先順位付けは
私が失敗した1つでした。

 

お金の問題を放置して
筋トレに勤しんだ結果

 

一時的に増加した筋肉が
また元に戻ってしまいました。

 

お金の問題を放置したままだと
全てに関わってきます。

 

健康、筋肉、人付き合い、
出会い、恋愛、勉強、

 

最低限のお金が無かったら
何1つできません。

 

場合によっては家庭維持すら
危うくなってきます。

 

お金が一番大事です。

 

もちろん、社会に対して
やるべきことをやった上で
堂々とお金を稼ぐわけです。

 

子供に説明できるような
お金の稼ぎ方をしていれば
副業だろうが問題ありません。

 

得体の知れない
不安に襲われることは
無いはずです。

 

あなたの価値感や良心に
従った行動を常に心がけてください。

 

多少、世間一般の常識からは
逸脱することがあっても

 

自分の良心に従っており
他人に貢献できていれば
胸を張って正しい選択だと言えます。

 

子供に説明できるような
言動を常に心がけるように

 

ここが重要な判断基準の1つだなと
実感する今日この頃です。

 

 

 

さて、筋トレ再開の件です。

 

お金に余裕が出てきたので
心置きなく筋トレに移行できます。

 

で、なぜ他の活動じゃなくて
筋トレなのでしょうか?

 

酒場で楽しんでもいいですし
勉強会なるものに参加してもいい、

 

大人の遊びに勤しんでもいい
スポーツや旅行に勤しんでもいい。

 

なぜ、筋トレなのでしょうか?

 

 

 

理由。

 

それが私自身そのものだから。

 

筋トレしている自分が
本来の自分だということです。

 

逆に、筋トレしなくなったら
運動を全くしなくなったら

 

それはもう私ではありません。

 

エネルギーに満ち溢れた
オスの状態ではありません。

 

私の場合はそうなります。

 

あなたなりの理由もあるはずです。
私と価値観を合わせる必要は無いです。

 

 

 

過去に何が起きたのかと言いますと、

 

筋トレをしていたときと
していなかったときとで

 

明確に生活の充実度が
変わっていたのです。

 

筋トレには各種スポーツも含みます。

 

ここでは運動を総合して
「筋トレ」と呼びます。

 

 

 

ここで筋トレのメリットです。

 

筋トレしていた頃は、

 

後悔したことが無かった

 

必ずテンションが上がっていた

 

全てに好影響を与えていた感覚だった

 

「本来の自分」でいる感覚だった

 

自分本来の姿を取り戻した感覚だった

 

 

 

仕事の集中力が異常に高かった

 

得体の知れない上機嫌さだった

 

メルマガがスイスイと書けていた

 

人に自然と話しかけるようになっていた

 

得体の知れない自信を持てていた

 

 

 

理性や自制心が高まっていた

 

自然と繁華街に繰り出していた

 

酒場やどこかで自然と人と出会っていた

 

とにかく自分を好きになれていた

 

人生を変えるような行動ができていた

 

 

 

転職活動をガンガン実行していた

 

飛び込みセールスなど経験していた

 

勢い余って路上声かけも実践していた

 

酒場で絡まれても余裕で対処できていた

 

誰かの反感を買うことが恐くなかった

 

 

 

身近な人間関係で積極的になれていた

 

いつも溌剌とした自分を見せられていた

 

姿勢や声の質など非言語が発達していた

 

スポーツを通じて出会いが増えていった

 

服屋に繰り出して店員と知り合っていた

 

いつも女性が周りにいた感覚だった

 

 

 

各種依存症とは無縁の生活だった

 

とにかく周りに人が集まってきた実感

 

ビジネスの環境に飛び込んでいってた

 

ビジネス絡みで地方や海外に出張していた

 

価値ある経験への投資は厭わなかった

 

 

 

未知のことへの恐れがあまり無かった

 

初めてのことに果敢に挑戦していってた

 

日々、感情的に満たされていた

 

日々、充実感や達成感を実感していた

 

自分にとって異次元な環境に身を置いていた

 

 

 

日々、確実に何かが積み上がっている感覚

 

筋肉は絶対に裏切らないという信念の実感

 

得体の知れない万能感

 

(汚い感情ですが)筋肉があるだけで優越感

 

(良い意味で)調子に乗っていた

 

(良い意味で)バカになれていた

 

 

 

見た目が「ノーテンキな筋肉バカ」の恩恵

 

筋トレした後は必ずプラス思考になっていた

 

普段連絡を取らない人に連絡を取っていた

 

筋トレした後はコミュ力が上がっていた

 

 

 

スーパーストイックサイボーグ野郎だった

 

人からストレスを受けることが減る

 

暴言を吐かれても傷付きにくくなる

 

嫌な態度を取られても傷付きにくくなる

 

(良い意味で)鈍感になれる

 

 

 

「テメーら見てろよ!」というガッツがあった

 

ハングリーな精神を取り戻していた

 

「絶対にカムバックしてやるからな!」精神

 

情熱や野心を取り戻していた

 

人間関係に積極的になれていた

 

 

 

頭のキレがいつも以上に鋭かった

 

将来の見通しをプラスかつ明るくできていた

 

人生戦略やキャリアプランの思考がはかどった

 

アイデアが次々と舞い込んでいた

 

細かいことでイライラしなくなっていた

 

 

 

本来やるべきタスクがドンドンはかどった

 

意思決定や決断のスピードが上がっていた

 

リーダーシップや主導権が芽生えていた

 

周りから信頼されていた感覚があった

 

イチイチ頭で考えてクヨクヨ悩まなかった

 

 

 

考えるよりも先に身体が動いていた

 

他人の顔色よりも自分の言動に集中できていた

 

周りの状況関係なく自分に集中できていた

 

意志力が異常に高かった

 

強いセルフコントロール能力を実感していた

 

 

 

食欲が増大してメシがメチャ旨くなっていた

 

布団に入る瞬間の気持ち良さがいつも以上

 

筋肉痛を感じる度に強くなっている実感

 

己の中でスーパーサイヤ人が育っている実感

 

 

 

筋トレのメリットは

 

私の場合は以上です。

 

あらゆることが手に入るという感覚です。

 

客観的に観たらそうではないかもしれません。

 

各々の項目に根拠なんかありません。

 

自分がどう捉えているかが肝心です。

 

なぜなら、
メリットを書き出すという作業の目的は

 

己の意思を固めて、実際の行動に移すこと

 

かつ、

 

体感に基づいた正しい意思決定を行うこと

 

だからです。

 

体感に基づいた主観であれば
根拠や客観性は二の次でも大丈夫です。

 

 

 

仮に同じ作業をした場合に、
あなたの場合はどうなるでしょうか?

 

一度ノートを開いて
メリットを書き出してみてください。

 

筋トレじゃなくても
新しく挑戦する何かがあるとき

 

メリットを書き出すことで
その意思決定が正しいかどうかの
1つの基準になります。

 

メリットの方が
デメリットよりもインパクトがあれば

 

感情が徐々に昂ぶっていって
自ずと行動していくことになります。

 

 

 

今回は筋トレの話題です。

 

続いて、筋トレのデメリットです。

 

思い付く限り。

 

ジムだと月々1万円前後の費用がかかった

 

週に1回、2〜3時間捻出する必要があった

 

ジムに行く前は毎回億劫になりがちだった

 

筋トレそのものが無駄だったら?という不安

 

今までのズボンが履けなくなる(経済面に響く)

 

食欲が異常に増える(経済面に響く)

 

回復で睡眠時間が勝手に長くなる(出社に不利)

 

 

 

この程度でしょうか。

 

贔屓している感がありますが許してください。

 

元々ポジティブ思考なので
ネガティブを思い付くのが難しいのです。

 

ポジティブ思考でも出てくる
ネガティブ項目というものは

 

本当に危機感を感じた方が良いです。

 

1つ1つ、対処してから進めるべきです。

 

ネガティブがあるまま進めてしまうと
途中でその不安が的中する結果となりがちです。

 

 

 

ここで役立つワークを紹介します。

 

出てきたネガティブに対して
1つ1つ、対処法を記載していきます。

 

ネガティブ項目なんだけど
対処できているから問題ない
という考え方に己を持っていきます。

 

 

 

先程の筋トレのネガティブ面に対して、

 

ジムだと月々1万円前後の費用がかかった


毎月の収入に対して余裕があるので問題無し
余裕が無いときはジムを休会すればいい

 

 

 

週に1回、2〜3時間捻出する必要があった


同じ時間をボーっと過ごすよりはマシ
同じ時間を勉強や受け身で過ごすより良い

 

筋トレを優先して良い身体状態になることで
残りの時間の質が上がる

 

 

 

ジムに行く前は毎回億劫になりがちだった


これは新しいことをやるときは
何に対しても一緒

 

まず最初の5分だけやる
5分経っても億劫なままだったら
そこで中断してシャワー浴びて帰る

 

結果的に5分で帰ったことはない

 

当たり前になるまでは
億劫になるのが正常

 

そもそも最初、億劫にならないようなことなら
負荷が弱い証拠であり、大して成長しない

 

 

 

筋トレそのものが無駄だったら?という不安


無駄だと思った時点で辞めればいい

 

そんなことを言い始めたら
そもそも人生が無駄になる恐れもある

 

上記の筋トレメリット書き出しで
筋トレが無駄ではないことを強く確信している

 

無駄だと思えなくなるまで
メリットを書き出すことが肝心

 

無駄だと思えているうちは
まだ筋トレを始めない方がいい

 

途中で無駄だと思って辞める可能性があるので

 

 

 

今までのズボンが履けなくなる(経済面に響く)


喜ばしい支出(涙・笑)

 

日頃から洋服代は抑えておけばいい
ユニクロのズボンで十分

 

買い直しても出費は数千円程度
何とかなる

 

 

 

食欲が異常に増える(経済面に響く)


ここは要注意
実際に食費が上がっていたので

 

とは言え、様子を見ながらで大丈夫
経済的に脅威を感じたら辞めればいい

 

 

 

回復で睡眠時間が勝手に長くなる(出社に不利)


ここも要注意

 

出社に支障が出るほど
朝起きれなくなったら、いったん撤退

 

 

 

こんなところでしょうか?

 

最後の2項目が未解決ですが、
これだけで筋トレやっぱり辞めとこ
とはならないです。

 

メリットとデメリットを比較した結果
メリットのインパクトの方が圧倒的に多いので

 

感情的には、
気分はどうしても億劫だし
面倒臭いという気持ちが出てしまうが、

 

ここは何も考えず、
バカの1つ覚えのように
まずはジムに足を運んでみようと。

 

最初の5分だけやってみて
それでも気が重いままだったら
それなら途中で辞めて帰ってきて良し。

 

というルールにすれば
結果的にルール違反にならないものです。

 

ですので、自分との約束を守れなかった
という自尊心の傷付きも回避できます。

 

 

 

長くなりましたが、
今回お話ししてきたのは、

 

お金と筋トレの優先順位

 

筋トレのメリットとデメリット

 

正しく意思決定する方法

 

といった内容でした。

 

 

 

人生、やることが増え過ぎて
色々こんがらがってきた場合、

 

特に家族を養う社会人の方には
参考になる面があるかなと思います。

 

結局、自分をマネジメントできる力ほど
強いものはありません。

 

どんなに筋骨隆々で発言力があっても
セルフコントロールを失ってしまったら

 

例えばお金や仕事の問題など、
力技や気合いではどうにもならない
問題に悩まされることになります。

 

 

 

あくまであなたの頭脳のための
筋トレのススメと捉えてください。

 

最後に信じられるのは自分の脳です。

 

脳は誰にも奪われません。

 

頭脳さえしっかりしていれば
何度でもゼロから立ち直れます。

 

筋肉とは、頭脳で思い描いたものを
世間に発信していく1つの手段です。

 

筋肉じゃない手段でも
世間に存在感を出していく
手段はあります。

 

筋トレを絶対視しないでください。

 

あなたにとって
有効な手段だと判断できたら

 

そのときは思い切って
飛び込んでみてください。

 

そのための上記の
メリット書き出しのワークでした。

 

あくまで徹底的に合理的に
そしてロジカルに、手戻りの無いように、

 

ロジカル仕事術のようなものです。

 

人生全般に応用していけます。

 

真に生産的な人生を手に入れるために。

 

 

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

田中 風行
Tanaka Kazeyuki

 

 

 

無料メール講座のご案内

 

たとえ魔が差してオナ猿状態に陥っても、
何度でも自己復帰できるサイボーグ野郎への道。

 

真面目で努力家だからこそ、
周りからは小さな成功を掴んだように見える、
いったんは自由な生活を手に入れた

 

そんなあなただからこそ、
誰にも相談できない依存症という罠(トラップ)。

 

何かが欠落した生活。。
そこから自分の意志で立ち直る必要性

 

 

 

実は、オナ禁に失敗する大きな要因として、
ネットでのポルノ閲覧が挙げられます。

 

ネットポルノを排除するだけでも、
オナ禁成功率が大きく上がるということです。

 

ポルノからの脱出という意味合いで、
今後、脱ポルノ、脱ポルと呼ぶことにします。

 

田中風行の無料メール講座では、
オナ禁の具体的ノウハウの中でも、
脱ポルに特化してお伝えしていきます。

 

脱ポルノの知識、スキルを提供すると共に、
読者同志で絡む機会を創り出します。

 

本格的に取り組む覚悟ができた場合、
下記よりご登録をお願いします。
田中風行の「脱ポルで【本来の自分】を取り戻す活動」実践報告 登録フォーム


関連ページ

セルフコントロール能力そのものの向上
オナ禁の効果と方法、ポルノ依存・ポルノ中毒の原因と克服方法、オナ禁モテ効果とナンパ成功・地蔵克服・ビジネス加速の関係、究極の自制心獲得・自己管理・習慣化ノウハウについて、我が身を実験材料として身銭も切って研究し続けた著者の知見を、当サイトを通じて発信します。オナ禁のメリット・デメリット、リセットと回復期間、超(スーパー)サイヤ人効果、三日目・一週間目・二週間目での全身オーラ、筋トレと異性モテとの関連、健康・睡眠・ストレス解消、実践報告日記、人生を変えるコツ、生活習慣・ライフスタイル改善に至るまで、言及していきます。性欲コントロールを体得する必要性を感じるほど、本気で理想の人生に向かって突き進んでいる勇敢なあなたを応援します。
オナ禁にデメリットがあるとしたら
オナ禁の効果と方法、ポルノ依存・ポルノ中毒の原因と克服方法、オナ禁モテ効果とナンパ成功・地蔵克服・ビジネス加速の関係、究極の自制心獲得・自己管理・習慣化ノウハウについて、我が身を実験材料として身銭も切って研究し続けた著者の知見を、当サイトを通じて発信します。オナ禁のメリット・デメリット、リセットと回復期間、超(スーパー)サイヤ人効果、三日目・一週間目・二週間目での全身オーラ、筋トレと異性モテとの関連、健康・睡眠・ストレス解消、実践報告日記、人生を変えるコツ、生活習慣・ライフスタイル改善に至るまで、言及していきます。性欲コントロールを体得する必要性を感じるほど、本気で理想の人生に向かって突き進んでいる勇敢なあなたを応援します。

トップページ 初めての方へ プロフィール 無料メール講座 目次・サイトマップ 著者へのコンタクト