ポルノ依存・ポルノ中毒の原因と克服方法とは?オナ禁モテ効果とナンパ成功・地蔵克服・ビジネス加速の関係に至るまで研究!

オナ禁ノウハウ・テクニック

ノウハウ

 

オナ禁ノウハウ・テクニック

 

ご訪問ありがとうございます。
田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。

 

オナ禁のアイデアとして
すぐに頭に浮かぶのは
どんなものでしょうか?

 

最初は情報商材などを
漁ってみるのも手ですし、

 

ネットからの情報でも
試すだけのアイデアは十分あります。

 

今すぐできることとしては、
例えば、ネットポルノを観るのを辞めるとか。

 

夜早く寝るようにするとか。

 

エロ本やエロ雑誌を捨てるとか、
パソコンからエロサイトの履歴を消すとか。

 

まずは小さなことから
始めてみるのが良いと思います。

 

私も最初はそんな感じの
スタートでした。

 

ですが、気が付いたらどれもが通用せず、
重度のポルノ依存状態に陥っていました。

 

あなたももしかしたら、
重度に陥って困っているから
本サイトを訪れたのかもしれません。

 

 

 

重度に陥っていなければ、
本サイトは観ない方が良いです。

 

変に重度に陥ってしまうような
悪い情報を得てしまう可能性があります。

 

元々軽度の依存状態で
「オナ禁しよう!」と

 

意志だけで何とかなる程度でしたら、
他にも参考になるサイトがあります。

 

生活習慣を改めるのが、個人的には、
一番取っ掛かりやすいかなと思います。

 

ですが、生活習慣を改めても
どうしても意志が弱いせいか、

 

ついイチモツを手で握ってしまう
という場合は、
別のアプローチが必要となります。

 

物理的アプローチ、環境アプローチが
必要になる場合もありますね。

 

オナ禁が難しいのは、
一度、脳に刻み込まれてしまうからです。

 

何かのタイミングでつい抜いてしまうという
思考回路が脳内に染みついてしまうんです。

 

脳の回路の問題ですから、
これは意志の力だけで対策するのは
それは非常に難しいことですね。

 

いかんせん、相手はエロ情報ですからね。
エロ妄想かもしれません。

 

今、目の前に美しい女性がいて、
AVで観るような、

 

今すぐHなことを始めましょう的な
ノリでいきなり脱ぎ始めてきたら、
(現実にはあり得ませんが)

 

今重要な仕事に取り掛かっている最中でも、
その仕事をサボらない自信がありますか?

 

私は無理ですね。笑

 

性的な情報というのは、
一度目に触れてしまったら、

 

そのムラムラを意志の力で消すのは
それは本能レベルの問題ですので、
非常に難しいことなんですね。

 

原始時代から脳に刻み込まれてきた本能です。

 

歴史には逆らえません。

 

生物学的にオスは今すぐ子孫を
できるだけ多く繁栄させるのが仕事ですので。

 

 

 

ということで、意志の力で
オナ禁を一時的に達成できたとしても、

 

もし仮に、エロ情報が簡単に
目の前に現れるような状況だったら、

 

意志の力、我慢の力も、
やがて限界が来るんですね。

 

俺の意志はそんなに薄弱じゃない!

 

そもそもポルノ情報に負けるなど、
男として情けないと思わないのか?!

 

そういう気持ちもあるかもしれません。

 

私は学生時代のときは
そのように考えていましたね。

 

風俗に行かないと
性欲を満たせないような男には
絶対にならないぜ!

 

若気の至りで
本気で思っていました。

 

そして社会人になって数年後、、

 

 

 

風俗三昧です。笑

 

 

 

よっしゃーー行こかーー!

 

仲間うちで飲みに行くときは、
風俗遊びを先導する立場になっていました。

 

もちろん、自宅でのネットポルノも
動画を溜めまくって、毎晩抜きまくり。

 

翌日に重要な仕事が控えていても、
毎晩抜きまくり。

 

それが当たり前だと思っていました。

 

体力と性欲が有り余っていたので、
毎日、何とかなったものでした。

 

体力には自信がありました。
意志力にも自信がありました。

 

が、エネルギーや資源というものは、
浪費していると、どこかで枯れます。

 

無くなってしまうんです。

 

どんなに筋骨隆々で、力持ちでも、
毎日キャパを超えた重労働を繰り返していたら、

 

そりゃ疲労が貯まって
どこかで力尽きてしまいます。

 

意志が強い自信があるからこそ、
一度重度のオナ猿状態に陥ってしまったら、

 

そこから立ち直るのは想像以上に過酷ですよ
というのが、伝えたかったことであり、

 

また、オナ禁のノウハウ・テクニック
を組み立てていく上でも、中核になる部分です。

 

 

 

どんなに健康な身体で、病気をしたことが無い、
あまりにも元気過ぎるような人でも、

 

出張でウィルス感染が激しい地域に滞在したら、
そりゃ一週間も経たないうちに、

 

何かしらの感染症に
かかってしまうのではないでしょうか?

 

元気だからと自分を信じて、
感染症を抑える薬も持たず、

 

予防接種もせず、
俺の身体は頑丈だぜ!って
無防備なままでいると、

 

本人が気付かないうちに
免疫力や体力はドンドン削られ、

 

気が付いたらウィルスに侵されている、

 

ポルん依存症に陥るのも、
同じような流れですね。

 

 

 

さて、ここまで読んでみて、
オナ禁のアイデアは思い浮かびますか?

 

要は、脳に負担を与えないことです。

 

脳からエロに繋がる情報や習慣を
徹底的に排除することが本質です。

 

最初からそのような思考回路が
脳内になければ、抜こうとしないわけです。

 

仕事で忙しくて毎日出張続きだったら、
抜いている場合ではないですよね。

 

毎日、異性をとっかえひっかえ
付き合っているような状況だったら、
毎晩、抜く必要性を感じないですよね。

 

もうちょい真面目に、

 

仲間うちでアウトドアしたり、
家族でレクリエーションする毎日だったら、

 

それもまた、
抜いてる場合ではありませんよね。

 

とりあえず忙しかったら、
抜いている場合ではないです。

 

ですので、人と何かをやる予定を入れまくる
というのは、オナ禁の1つのアイデアですね。

 

人と会っている最中に
抜けないですからね。

 

例外もあって、

 

友達の家でシコリンピックとか
始めてしまったら、

 

それは意志の力云々以前に、
強制的に抜かざるを得ないので、

 

そのときは諦めてください。
友達の方が大事です。笑

 

そういった友人との関係が
今後ずっと続くのであれば、

 

オナ禁は不可能ですので、
真剣にオナ禁の方を志すのであれば、

 

友達付き合いを改めることを
真剣に考えた方が良いですね。

 

あるいは、友達も巻き込んで
チームで実施するか。

 

これは、ふざけて
言ってるわけではないですよ。

 

オナ禁にとって、
環境の力がいかに強力に働くのか
ということを理解していただきたいのです。

 

 

 

どうしても重度の場合は、
家族や仲間との予定を充実させていれば、

 

イチモツいじりに耽るリスクは減ります。

 

ですが、恐らくここまで
読み続けていただいている、あなたの場合、

 

他人に頼らず、
自分の力だけで、一人ボッチでも、

 

負担無くオナ禁できることを
求めているのではないでしょうか?

 

 

 

私も最終的にはその境地を目指しています。

 

自宅で一人でいるときでも、
何のストレスも無くオナ禁を達成する。

 

本来やるべきことを淡々と進める毎日。

 

本来のあなたを取り戻した日々。

 

想像するだけでも
ワクワクしてきますよね?

 

もしかしたら、
自分自身がこんなにエネルギッシュで、
コミュニケーション能力が高かったのかと、

 

今までにない自分の状態に
ウハウハな気持ちになるかもしれません。

 

いや、その状態が正常なんです。

 

一昔前はネットでポルノなんて
観られませんでした。

 

昔の人々は幸運ですよ。

 

自分からポルノを求めに行かない限り、
ポルノが生活に入り込むことは無いですから。

 

今のIT時代においては、
ポルノ情報も学術的な情報も、
どちらもポケットに入れておけます。

 

どんな情報にでも
瞬時にアクセスできる時代です。

 

これは嬉し過ぎる反面、
欲に溺れるリスクが高い、大ピンチなんです。

 

元々そういう思考回路が無い人は、
陥るリスクは低いでしょうが、

 

何かのきっかけで一度でも
そういう思考回路ができてしまうと、

 

逃れることは難しいですよ。
情報機器を手放さない限りは。

 

ただそれをやると、
本来手軽に得たい情報まで
切り捨てないといけません。

 

ある程度は、便利さを
犠牲にする必要が出てくるわけです。

 

 

 

さて、ここまで読んできて、
そろそろ、何をすれば良いのか
見えてきたでしょうか?

 

私が主に推奨していること。

 

ネットポルノ情報を遮断すること

 

スマホやパソコン、ネット環境を制限すること

 

電子機器に触れにくい生活習慣の確立

 

日々の予定を忙しくすること

 

家族や仲間との予定を積極的に入れること

 

忙しい仕事にチャレンジすること

 

物理的に電子機器に触れられなくする

 

スマホやPCに有害サイト対策ソフトを入れる

 

スポーツやストレス発散に繋がる何かをやる

 

映画や音楽やゲームなど、別の何かで満たす

 

何が何でも外に出る習慣を作る

 

オナ禁とか無縁の人と一緒に過ごす

 

仲間に相談してみる

 

事情を話してスマホを家族に預ける

 

スマホを自宅以外に置いておく

(自転車の倉庫やコインロッカーなど)

 

自分の部屋を持たない、一人にならない

 

 

 

どうでしょうか?

 

アイデアだけなら、
いくらでも出てきそうですよね?

 

1つ1つ、効果が高そうなものから
小さく始めてみてください。

 

そして、効果が出たものは
そのまま続けていって、

 

効果が出ないとか、
苦痛過ぎることは、
無理してやらないでください。

 

ストレスがかかると、
必ずどこかで反動が来ますので。

 

例えば、私の場合、
自宅のネット回線を解約したことがありました。

 

オナ禁の本質に達する前に、
表面的に即効果が出ることを試したのです。

 

そして、自宅でネットしたくても
できない日々になりました。

 

嫌でもエロサイトを観れません。

 

一週間、二週間は
余裕で達成していきましたね。

 

ところが、何かのきっかけで
エロいことを考え出し、
途中でムラムラが我慢できなくなりました。

 

ネットで抜けない。
ストレスも半端なかったです。

 

そしてコンビニに行きました。

 

何とこの時代に、
コンビニに行って、モザイクありの
エロDVDを買ってきて、

 

大してエロくも無い
テンションの上がらないおかずで、
それでも抜いてしまったのです。

 

何をやっているのでしょうか?笑

 

このIT時代に
なんてアナログなエロライフ。♪

 

 

 

と同時に、
これはヤバいなと思いました。

 

俺は周りにエロ情報が無くても
抜きたくなるではないか。

 

これ、一生逃れられないんじゃね?

 

本気で心配になりましたね。

 

学生時代は、ポルノ依存症には
なるわけがないと思っていました。

 

そもそもネットで簡単に
ポルノが観られる時代ではありませんでした。

 

そもそも、オナ禁なんて概念も
考えることが一切ありませんでした。

 

抜いたことはありましたが、
特に意識せず、魔が差したときに
抜いていたな、ぐらいの感覚です。

 

誰でもやる程度の
ごく普通の抜きライフです。

 

それが一度でも
あの現代の質の高いエロ情報に触れて
脳にその映像が刻み込まれてしまったら、

 

何かのきっかけで思い出してしまう、

 

全然関係ないことをしていても
ふと思い出してしまう、
その不安が半端なかったですね。

 

 

 

上記に挙げたアイデアを
1つ1つ試してみてください。

 

あなたの場合は
上記アイデアだけで
解決してしまうかもしれません。

 

が、私の場合は
上記のだけでは解決しませんでした。

 

一時的に良くはなりましたが、

 

今度はもっと巧妙なやり方で、
ポルノにアクセスするようになりました。

 

本能の成せる業です。
エロへの渇望が強過ぎたのです。

 

症状が重度になっていきました。

 

どんなに生活環境をガッチリ固めても、
それでもポルノの快楽への渇望のあまり、

 

ポルノ遮断システムを
ことごとく破る能力が高くなっていきました。

 

色々リサーチして、
色々言い訳して、

 

何としてでも、ポルノ情報に
辿り着く術がレベルアップしていきました。

 

自分の周りをいくら固めても
物理的にポルノにアクセス不可能にしても、
それでも穴を縫って、ポルノに到達しました。

 

俺は本能に逆らえないのか?

 

そもそも俺っていつから
こんなに意志が弱くなったんだ?

 

学生時代、社会人数年間は、

 

周りからはストイックサイボーグ
と呼ばれていた男でした。

 

意志の塊のような人間で
ストレス耐性にも自信がありました。

 

それがこの堕落っぷり。

 

自分がストイックだったから
いけなかったのでしょうか?

 

それとも、現代の皆さん、
私のように悩んでいるのでしょうか?

 

原因不明でした。

 

いずれにせよ、
ここから脱出しないといけなかったのです。

 

周りがどうかよりも、
自分だけでも、脱失しないと、

 

この生気の抜けた状況が続けば、
人生を棒に振るのは明白でした。

 

将来が恐くなりました。

 

俺はこんなことをするために
生まれてきたわけじゃない!

 

本来の自分を取り戻さないと!

 

 

 

そうして、オナ禁の達人に向けて
ディープな世界に入って行ったのでした。

 

1つの記事で
ノウハウを話し切れるほど、
単純な世界ではないです。

 

オナ禁は他のどんな営みにも劣らず、
強い自制心を必要とする営みです。

 

まず、原因追求、そして解決策導出、
自らの人体で実験、考察と改善策、

 

仕事と同じで、
自分の身体を被検体にして、
PDCAサイクルを回していくのです。

 

理屈やロジックだけでは通用しないですね。

 

実際に自分の身体でやってみて
効果が出たアイデアが残っていくのです。

 

個人差もあるのですね。
誰がやっても同じノウハウにはならないです。

 

そもそも感情やモチベーションが
保てなくなると、ノウハウを実行することが
苦痛になったりもします。

 

日々の感情管理も大切になってきます。

 

 

 

ですので、表面的なノウハウよりも、
より本質的なマインドセットを

 

このサイトやメルマガで
お伝えさせていただいております。

 

オナ禁から学べる自制心や習慣化のノウハウは、
枠を超えて、ビジネスやコミュニケーションにも
応用できるものです。

 

要は、ストレス無く
自動的に流れる仕組み造りです。
本来の目的に向けて。

 

そして、その途中で生じる
感情、欲望、あらゆる寄り道、
それらを封印する仕組みを確立します。

 

目的達成に向けて、

 

エラーの穴を塞ぐ

 

再発防止策を実施する

 

この2つを愚直に追求し、
日々の試行錯誤の中で
精度を追求していくのみです。

 

単なるオナ禁の次元に留まらず、

 

せっかく自制心や習慣化という
抽象度の高い概念にまで
アプローチしているのですから、

 

オナ禁の枠を超えて、
ビジネスやコミュニケーション、
その他人生を豊かにするような

 

可能性に満ちた営みにも
適用できるような、

 

汎用性の高いスタイルを
共に確立していきましょうね。

 

視野を広く、
大局的に物事を観ていきましょう。

 

 

 

それでは本記事はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

田中 風行
Tanaka Kazeyuki

 

 

 

無料メール講座のご案内

 

たとえ魔が差してオナ猿状態に陥っても、
何度でも自己復帰できるサイボーグ野郎への道。

 

真面目で努力家だからこそ、
周りからは小さな成功を掴んだように見える、
いったんは自由な生活を手に入れた

 

そんなあなただからこそ、
誰にも相談できない依存症という罠(トラップ)。

 

何かが欠落した生活。。
そこから自分の意志で立ち直る必要性

 

 

 

実は、オナ禁に失敗する大きな要因として、
ネットでのポルノ閲覧が挙げられます。

 

ネットポルノを排除するだけでも、
オナ禁成功率が大きく上がるということです。

 

ポルノからの脱出という意味合いで、
今後、脱ポルノ、脱ポルと呼ぶことにします。

 

田中風行の無料メール講座では、
オナ禁の具体的ノウハウの中でも、
脱ポルに特化してお伝えしていきます。

 

脱ポルノの知識、スキルを提供すると共に、
読者同志で絡む機会を創り出します。

 

本格的に取り組む覚悟ができた場合、
下記よりご登録をお願いします。
田中風行の「脱ポルで【本来の自分】を取り戻す活動」実践報告 登録フォーム


オナ禁ノウハウ・テクニック記事一覧

ネットポルノ中毒の根本的な原因と対処法

ご訪問ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。今回はオナ禁テクニックについて書きます。テクニックというか、考え方ですかね。私も有料教材など情報収集していますが、普遍的な方法というものに巡り合えていません。それほどまで奥が深いテーマということです。オナ禁を始め、各種依存...

≫続きを読む

スマホ・ネット・パソコン依存症を克服する方法

ご訪問ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。オナ禁に失敗するきっかけは何でしょうか?大半がネットポルノではないでしょうか。ポルノ動画を観ながら、リセットしてしまうんですね。特に、一人で深夜の時間帯が多いかと思います。ポルノ動画と出会うきっかけは、WEBサイトですね。...

≫続きを読む

依存症の克服に役立つ良い習慣とは?

ご訪問ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。ポルノ依存症、スマホ依存症、ネット依存症。オナ禁の根っこを辿っていくと、結局は「脳」の問題となります。いかに、あなたの前頭葉を活性化させるかです。前頭葉とは人間ならではの「理性」を保つ場所です。前頭葉が弱いと、哺乳類脳や爬...

≫続きを読む

習慣化の威力!毎日達成感を味わう方法

習慣化の威力!毎日達成感を味わう方法ご訪問ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。オナ禁の調子はいかがでしょうか?何をやったら良いのか分からないという状況に陥ることはオナ禁に挑んでいるプロセスにおいて当たり前のように訪れます。どんなときでもフォーカスすべきは「習慣」で...

≫続きを読む

中途半端で辞める習慣が実は良かったりする?!

中途半端で辞める習慣が実は良かったりする?!ご訪問ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。良質習慣は着々と身に付いているでしょうか?今日お伝えしたいことは【一番いいところで辞める】という習慣についてです。完璧主義というやつが実はかなり厄介です。まとまった時間が取れない...

≫続きを読む

ネトポルを遥かに上回るご褒美とは?

ではありません!笑ネトポルを遥かに上回るご褒美とは?ご訪問ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。自分にご褒美をやっていますか?1日でやるべきことを達成したことへのご褒美です。本来の自分を取り戻すにパワフルな習慣となります。ご褒美が無いのにただ一目散に頑張るだけだと「...

≫続きを読む

フロー状態がネトポルを排除してくれる理由とは?

フロー状態がネトポルを排除してくれる理由とは?ご訪問ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。ノウハウコレクターになっていませんか?実はネトポル中毒とノウハウコレクターには共通点があると思っています。【迷い】があるという点です。迷いはエネルギーを失います。思考のエネルギ...

≫続きを読む

脱ポルスキル=脱獄スキル?

脱ポルスキル=脱獄スキル?ご訪問ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。良質習慣を継続してきたせいか脱ポル1〜3日目は本来であれば生気の抜けたオナ猿状態だったはずなのですが、最近、1〜3日目でも普通のコミュ力が保たれていたり精神的に安定している実感が得られたリ頭の回転...

≫続きを読む

リセットからの回復力を上げるサプリメントとは?

リセットからの回復力を上げるサプリメントとは?ご購読ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。脱ポルの調子はいかがでしょうか?あまりにも症状が酷いときには夜帰宅したら速攻で寝ると決めて帰宅直後にスマホとパソコンを強制的に封印するだけでも最初の一週間程度でしたら持続性があ...

≫続きを読む

「二度と現れないチャンス」よりも大事なもの。

「二度と現れないチャンス」よりも大事なもの。ご訪問ありがとうございます。田中 風行(Tanaka Kazeyuki)です。エネルギーは日々、着々と蓄えられているでしょうか?性的エネルギーだけではなく貯金や筋トレ、読書や一人言などもエネルギーの貯蔵と言えます。お金、肉体、知識、感情、日々の生活の中でい...

≫続きを読む


トップページ 初めての方へ プロフィール 無料メール講座 目次・サイトマップ 著者へのコンタクト